blanc homme

メンズ脱毛は岡山・倉敷の男性専門blanc homme(ブランオム)へ。体毛を脱毛したくても、光線過敏症なら受けられません


光線過敏症の方は脱毛施術が受けられません。


メンズ脱毛における光線過敏症とは

メンズ脱毛における光線過敏症とは

光線過敏症とは、正常な方が浴びても異常が出ない光線にさらされただけで、皮膚に発疹が出たり炎症を起こしたりする症状をいいます。光線過敏症は、光にさらされた際に症状が出るものや、薬や飲食物などの成分によって誘発されて症状がでるものなど、広い意味で捉えられています。また、光線過敏症にはいくつかの種類があり、年齢によって生じやすいものとそうでないものがあります。本頁では様々な光線過敏症の内、青年期に出やすく脱毛が受けられなくなってしまう光線過敏症の種類について解説していきます。


多形日光疹

(多形日光疹)
光線過敏症になってしまう方の中でも、最も多い症状として挙げられるのが多形日光疹です。いわゆる紫外線アレルギーのことを指します。5月〜9月の紫外線が強い季節に強い紫外線を浴びた日の夕方〜夜にかけて粒状の赤い発疹などが出ます。症状が軽度であれば2〜3日で自然と治ることもありますが、紫外線が原因で発疹が出ていることに気づく方は少なく、最初に発疹が出た状態で何度も紫外線にさらされると、重度の紫外線アレルギーになってしまう場合があります。重度の紫外線アレルギーになられた場合は完治が難しく、ひとまずはステロイドで症状を抑えてから、少し期間をあけてから紫外線の刺激に少しずつ慣らしていくことが肝要です。
多形日光疹は紫外線アレルギーですので、赤外線に近いレーザー脱毛や光脱毛は受けても問題ないように思われますが、紫外線だけではなく光線自体に過剰に反応する体質である場合が想定されるため、施術を断られることがほとんどです。


日光蕁麻疹

(日光蕁麻疹)
日光にさらされると、すぐにさらされた部位が赤くなり、痒みがでます。酷い場合はミミズ腫れのような症状も出てしまいます。日光蕁麻疹は今まで何もなかったのにある日突然症状が出る場合があります。多形日光疹とは違って可視光線が原因となる場合が多いですが、紫外線にも敏感になる場合があることから、さらされてはいけない光線の波長の範囲が広く、個人差があるということがわかります。
多形日光疹とは違い、原因となる光線が当たらない場所に移ると30分程度で自然と赤みと痒みが消失します。
抗ヒスタミンを服用して症状の予防を行う手段がありますが、強い光線にさらされれば症状が出てしまいます。そして、抗ヒスタミンの薬を服用されている方は、光脱毛やレーザー脱毛の施術が受けられなくなります。


光線過

光線過

上述のような光線過敏症はある日突然起こります。その原因は体内の光毒性の物質と特定の光線がアレルゲンを発生させて、それが原因でアレルギー反応を起こすといわれています。光毒性の発生原因は内的要因と外的要因の両方があります。外的要因として挙げられるのは、光毒性を誘発しやすい薬や、光毒性を含む飲食物や化粧品のことを指します。
→参照:飲食物、化粧品に含まれる光毒性が肌に与える影響

光線過敏症になってしまうと脱毛施術が受けられない為、強い日差しにさらされたり、光毒性の物質を取り込む際は注意が必要です。