blanc homme

ひげ脱毛は岡山・倉敷の男性専門blanc homme(ブランオム)へ。毛周期が存在する理由について考察。


毛周期が存在する理由について考察


毛周期は何故存在するのか

毛周期は何故存在するのか

脱毛を検討されている方で、少し脱毛について調べたことのある方なら必ず目にしているはずの「毛周期」という言葉。また、毛周期という言葉を目にするのと同時に、「脱毛は毛周期に沿ってする必要がある」ことも知られるはずです。そうです。脱毛は毛周期という毛が生えてから抜けて、再度生えてくるまでのサイクルに沿って進行していく必要があるのです。
毛周期について詳しく知られたい方はコチラ
本頁ではその毛周期がなぜ存在しているかについて考察していきます。脱毛をする上では必要になる知識ではありませんが、何故毛周期に沿って施術をしないといけないか、納得するための参考にしていただければと思います。


毛周期が存在する理由 (外的要素による理由)

毛周期が存在する理由 (外的要素による理由)

みなさんの中に1日に髪の毛が1本も抜けないという方はいらっしゃらないはずです。一般的には髪の毛は1日に50本〜100本抜けるといわれています。しかし抜けるだけではいつか無くなってしまいます。抜けるのと同時に新しく生え変わっているのです。髪の毛は人体で最も上部に位置しており、紫外線や重力などによる刺激を最も受けやすい部位でもあります。そしてそのような刺激から脳などの大事な機能を保護するために間に干渉してクッションの役割を果たし、常に劣化する為、新しく生え続ける必要があるのかもしれません。
体のどこを見渡しても髪の毛のように抜けたり生えたりを繰り返している部位はありませんが、どの部位も必ず一定の期間で生えては抜けてを繰り返しています。このように毛周期が存在する理由の一つとしては、外部からの刺激に耐え続ける為に常に新しい毛と古い毛が少しずつ生え変わっていく必要があるからだと考えられます。


毛周期が存在する理由(内的要素による理由)

毛周期が存在する理由(内的要素による理由)

また、毛は体内に入ってしまった、又は体内で生成してしまった毒素を体の外に排出する役割があります。薬物検査の際に毛髪鑑定を行いますよね?毛髪検査は、髪の毛の先からは古い情報、根元の方は当たらしい情報といった具合に薬物を使用した履歴のようなものを確認することができるのです。それだけ髪の毛は常に体の毒素を外に出そうとする役割があるということなのです。そして、毒素を吸いきった毛は抜け落ちていきます。常に体外に排出する為にはやはり、バランスよく新しい毛と古い毛が生え変わらないといけない為に、毛周期ができたのではと考察できます。


まとめ

まとめ

何故一回の脱毛施術で全ての毛を処理できないかという理由は、一度に処理できる成長毛の割合が少ししかないからですが、何故成長毛が少しずつしか生えてこないかというと上述のような理由があるのかもしれませんね。やはり脱毛施術は毛周期に合わせた施術を心がけるしかなさそうです。

毛周期の意義(内的要素)
またもう一つの理由として、実は毛には毒素を体外に排出する役割がある事が分かっています。毛髪鑑定などよく耳にしますよね?実は毛には排便と尿と同じように毒素を体外に排出する役割があるのです。驚きですよね。これらも元に考えた結果、体の毒素がある程度毛に備蓄されると、脱毛する。これが内的要素による要因だと予想できます。