blanc homme

メンズ脱毛・ひげ脱毛は岡山・倉敷の男性専門blanc homme(ブランオム)へ。電気シェーバーでの自己処理


電気シェーバーでの自己処理

電気シェーバーは、外刃を肌にあてて皮膚から髭を押し出し、押し出された毛を内刃でカットするといった自己処理方法です。一般的にはひげ剃りで使われることが多い方法です。


ワックス脱毛は男性にはお勧めできません

電気シェーバーでひげ剃りをするメリット

電気シェーバーは刃が直接肌に触れることがないため、カミソリよりも比較的肌荒れなどが起こりにくいひげ剃り方法です。また、カミソリの様に皮膚を温めたり、水で濡らしてから行う必要がないため、朝剃っても夕方になったらヒゲが伸びてきてしまうという方が、時間や場所を選ばずどこでもひげ剃りできるのも優れた点です。
さらに、カミソリは1週間に1回程度刃を替えないといけませんが、電気シェーバーは1~2年に一度の交換で済むため、手入れに時間がかかりません。


ワックス脱毛は男性にはお勧めできません2

電気シェーバーでひげ剃りをするデメリット

電気シェーバーでのひげ剃りは、カミソリと違って剃った後にザラザラした毛の感触が残ってしまうために、毎回ツルツルに剃りたい方は不満を感じてしまいます。さらにカミソリと比べると比較的細かい場所の剃毛は難しいです。また、ひげ剃り前に塗布するプレシェービングローションには、エタノールが含まれていることがあるため、肌の弱い方はそれが原因で肌荒れする可能性があります。
さらに、電気シェーバーはカミソリと違って刃の交換の手間が少なくて済みますが、カミソリとは違って比較的高価であるといえます。ものにもよりますが、肌が弱い肩が肌荒れをしないようにと選んで購入すれば相場として2~5万円ぐらいかかってしまいます。しかも使い方や頻度にもよりますが5~6年で本体が消耗されて買い替えないといけなくなります。
では、みなさんは今何歳でこの先脱毛施術をしなければ何回電気シェーバーを買い替えないといけないでしょうか?そのように考えると電気シェーバーを用いてのひげ剃りは非常にコストのかかる自己処理方法であるといえるでしょう。


ワックス脱毛は男性にはお勧めできません3

まとめ

電気シェーバーは、剃り方に自由度が少なく細かい剃毛は難しい自己処理方法ですが、比較的肌に優しく持ち歩いていればいつでも剃れる為、一定のひげの長さをキープすることはできます。
しかし、その購入コストや維持コスト、買い替えのタイミング等を考慮すると非常にコストのかかる自己処理方法であるといえるでしょう。肌が弱く電気シェーバーでしかひげ剃りができないという方は、一度脱毛施術を受けられることを検討されてはどうでしょうか?