blanc homme

メンズ脱毛・ひげ脱毛は岡山・倉敷の男性専門blanc homme(ブランオム)へ。毛抜きによる自己処理


毛抜きによる自己処理

まず結論から申し上げると、毛抜きによる毛の自己処理方法はお勧めできません。毛抜きは百害あって一利なしです。しかし毛抜きを自己処理方法として選択している方には様々な理由があります。日常的に毛抜きをされている方も明日からは違う方法に切り替えたくなる情報をお伝え致します。


毛抜きでひげを処理するメリット

毛抜きでひげを処理するメリット

まず、ひげを毛抜きで処理される方の多くは「ひげの本数が極端に少ない」か「抜いたら青ヒゲが目立たなくなるから」や「抜いたら剃った時と比べてツルツルになるから」といった理由で毛抜きをされています。そして毛抜きのメリットはその理由がそのままメリットとなります。毛抜きでひげを処理すれば、一旦毛穴からひげがなくなるため、青ヒゲに悩まれる方は青ヒゲが一時的に解消されますし、剃った後のジョリジョリ感もなくなります。本数が極端に少なければ、「剃るよりも抜こう」という気持ちになってしまうかもしれません。


毛抜きでひげを処理するデメリット

毛抜きでひげを処理するデメリット

ひげを毛抜きで抜くと、確かにその時は毛穴からなくなりますのでスッキリするかもしれません。しかし毛抜きには「埋没毛」といった現象が起こってしまうリスクがあるのです。埋没毛とは、毛穴から毛が出る際に、何らかの理由で毛が毛穴から出られなくなり毛穴の中に埋もれてしまうことをいいます。毛穴から出られなくなる理由としては、「毛抜きの刺激で毛穴が変形した」や「毛穴を角質などが塞いでしまう」等が挙げられます。
埋没毛になれば、酷い状態になれば外科手術が必要になってしまうことだってあるのです。自分で掘り返すことができる状態の埋没毛でも、掘り返す際に肌を大きく荒らしてしまいます。最初は肌をツルツルに見せたくて始めた毛抜きが、続けているとひげ剃りを続けた肌よりも不潔に見えてきてしまうという皮肉が起こってしまうのです。
さらに埋没毛になってしまった毛は、毛が肌の表面に出ていないことが災いしてあらゆる脱毛施術も効果が薄れてしまうのです。


まとめ

まとめ

毛抜きは最初こそ、ツルツルになるから続けてしまいがちですが、どんどん状態が悪化して取り返しのつかない状態になってしまう怖い自己処理方法です。手遅れになる前に、カミソリか電気シェーバーによるひげ剃りに切り替えるか、脱毛施術を受けられることを推奨致します。