blanc homme

メンズ脱毛・ひげ脱毛は岡山・倉敷の男性専門blanc homme(ブランオム)へ。男性脱毛を効果的に行うために、男性脱毛が流行したのは何故?


メンズ脱毛が一般的になった理由について


メンズ脱毛は特別なことじゃない?

メンズ脱毛は特別なことじゃない?

このページを見られている方は、メンズ脱毛に興味があるか既に経験されているかのどちらかでしょうか。男性の脱毛が一般的になった今、このページを見られているのは特別なことでも少数派でもありまん。一昔前までは「男が脱毛するなんて!」と思われがちだったメンズ脱毛も、今ではメンズ脱毛サロンが全国的に普及し、浸透してきたため何らおかしなことではなくなったのです。しかし、多くの方がメンズ脱毛を利用されながらも「脱毛しているのなんて自分ぐらいじゃないの?」と思いながら通いがちなのです。では何故メンズ脱毛は一般的になったのでしょうか?その理由を考察してみました。


メディアでの露出増加と有名人のカミングアウト

<理由その1 メディアでの露出増加と有名人のカミングアウト>
以前までは、脱毛施術の印象はコンプレックス解消の色が強かったために整形手術と同じく、人に打ち明けにくいものではありましたが、テレビなどでアスリートや芸能人が脱毛していることをカミングアウトするケースが増えて、「海外では陰部の脱毛は当たり前、むしろ生えていると不潔に思われる」や「ヒゲ脱毛をした方が、毎日ひげ剃りするより時短できて、コスト面までもがお得」などの脱毛をする為の口実パターンが増えたことは「アスリートの◯◯がやってるんだから僕も脱毛しようかな」といった感じで、男性が脱毛する上での後押しになっていると考えられます。


男性の美意識が向上している

<理由その2 男性の美意識が向上している>
近年ではジェンダーレス男子のように、非常に高い美意識を持った男性が増えています。しかし、ジェンダーレス男子のような方だけ美意識が高くなっているわけではないのです。例えばビジネスマンが他のビジネスマンの爪が汚れているのを見て不快に思ったときに、ふと「自分はどうだろう?自分の爪や手を見られても、マイナスな印象を持たれないだろうか?
せっかく良いプレゼンをしても悪い印象を与えてしまうかもしれない」という心理が働いて、ネイルサロンに爪の手入れをしに通ったり、脱毛サロンに手の甲や指の脱毛をしに通ったりしているわけです。美意識というよりは、最低限のマナーとして脱毛が浸透してきているのかもしれません。ツルツルじゃなくてもいいから、相手に不快感を与えない身だしなみを心がける方も脱毛サロンを利用しだしているのです。


女性の毛への嫌悪感がより顕在化した

<理由その3 女性の毛への嫌悪感がより顕在化した>
昔からある一定の割合で、男性のムダ毛に嫌悪感を抱いてしまう女性はいたはずですが、やはりメディア等で男性の脱毛が一般的になったことが紹介されたりすると、その流れにのって自分のパートナーや夫に脱毛を勧めるケースが増えています。「毎朝布団につくムダ毛に腹が立って仕方ない」や「いくら好きな人でも、夏場に隣を歩いていて毛が触れるのが気持ち悪い」など辛辣ではありますが、女性の意見は様々です。そしてそういった男性のムダ毛に対する不満や嫌悪感がメディアやSNSに載って男性に間接的に届くことで、男性の意識に変化が生まれているのかもしれません。


まとめ

まとめ

今も昔も、毛深い男性はひげやムダ毛に悩まされてきました。そして濃い毛のコンプレックスを解消すべく受ける脱毛も、どこか少数派な気がして人目を忍んで受けられる方がほとんどでした。しかし、今上述のような理由もあり堂々と脱毛していることをカミングアウトしてもよい時節にあるのかもしれません。