blanc homme

メンズ脱毛は岡山・倉敷の男性専門blanc homme(ブランオム)へ。メンズ脱毛は保険適用されるか


脱毛施術を保険診療で受けられるか

医療機関での脱毛を検討されている方は、脱毛施術に保険が適用されるか気になられるかと思います。保険が適用されれば費用面でも相当負担が軽減されることとなり、脱毛を受けるハードルが一気に下がることとなります。本頁では脱毛と保険適用について解説していきます。


保険制度について

保険制度について

保険制度は、国民全員が平等に医療サービスを受けることができるように、国が一旦国民から保険料を徴収して、国民が医療サービスを受ける際に集めた保険料から補填する為、医療サービスが安価で受けられるといった制度です。
しかし、全ての医療サービスに保険が適用されるわけではありません。保険が適用されるのは基本的な治療に対してであり、病気として認められないものに対しては適用されません。また、病気であったとしても高度な技術が必要となる最先端医療や難病指定されている病気に対しては保険適用がされません。


>脱毛施術は保険が適用されるか

<脱毛施術は保険が適用されるか>
では、脱毛施術には保険が適用されるのでしょうか。結論から申し上げると、脱毛施術に保険適用はされません。脱毛は自分自身の身なりを整える為のいわゆる贅沢品となりますので、医療機関で受ける医療脱毛であっても自由診療となります。自由診療は一切保険が適用されないため、施術費用の全額をお客様が負担する必要があるのです。「毛深い」というのは生活する上での支障になる「病気」として認められていないということです。


メンズ脱毛は全て自由診療

メンズ脱毛は全て自由診療

いかがでしょうか?上述のように医療脱毛に保険が適用されないということは、メンズ脱毛を受けられる場合は全て自由診療になるということです。「医療機関の行う脱毛だから保険適用ができるかも?」と思って医療脱毛を検討されていた方は一度考えを改め直す必要があるかもしれません。
脱毛機関を選定する場合は、効果・料金・痛み等を総合的に考慮して判断する必要があります。医療機関が行うレーザー脱毛で脱毛を受けるのか、脱毛サロンが行う光脱毛を受けるのか、大手サロンが行うニードル脱毛を受けるのか、それぞれの特徴やメリット・デメリットをよく理解した上で選定されることをお勧めいたします
参照
世の中にある脱毛方法 〜その1 ニードル脱毛〜
世の中にある脱毛方法 〜その2 レーザー脱毛〜
世の中にある脱毛方法 〜その3 光脱毛〜


まとめ

まとめ

光毒性について既にご存知の方の中には「光毒性=柑橘系の果物」といった覚え方をされている方がいらっしゃいます。その場合ビタミンCを含んでいる食べ物全てに光毒性があるかのように思ってしまいがちですが、ビタミンC=光毒性ではないことをご理解ください。ビタミンCを多く含むもので光毒性を含んでいないものもございます。よってビタミンCを朝に摂取すること自体は問題ありません。
また、保湿の化粧品に含まれている「グレープフルーツ種子エキス」などの種子から抽出したエキスにかんしては光毒性は含まれておりません。実は光毒性は果物などの果肉や皮に含まれているので、抽出しているもの自体に光毒性が含まれていても、種子にはふくまれておりませんので、光毒性を含んだものの種子から抽出したエキスを含有した化粧品などを利用されている方はご安心ください。