blanc homme

メンズ脱毛は岡山・倉敷の男性専門blanc homme(ブランオム)へ。メンズ脱毛期間中は飲酒できない?


脱毛期間中の飲酒について

「メンズ脱毛期間中は飲酒厳禁」とする脱毛サロンがあります。「ひげや体毛の濃さを解消したい!」と思っていても飲酒厳禁とされていたら脱毛するのを躊躇ってしまいますよね。本頁では、メンズ脱毛中の飲酒について解説したいと思います。


期間中でもお酒を飲むことは可能です

期間中でもお酒を飲むことは可能です

◆期間中でもお酒を飲むことは可能です◆
結論から申しますと、脱毛機関中に飲酒することは可能です。しかし、ある程度の制限と守った方がよいことがあります。脱毛期間中に飲酒される際に気をつけた方がいいポイントを紹介します。

<脱毛施術後の飲酒は危険>
飲酒をされる際に一番気をつけていただきたいのは脱毛施術後です。アルコールを摂取すると一時的に血行が促進されて体温が上昇します。体温が上昇している状態での脱毛施術はリスクを伴います。体温が高い状態で施術を受けると、平常時と比べると赤みや痒みがかなり出やすくなってしまいます。そのため、一般的な脱毛サロンやクリニックでは脱毛施術後の飲酒を控える様に注意を促されます。


飲酒後の脱毛施術も危険

<飲酒後の脱毛施術も危険>
飲酒することで、肌のトラブルを招いてしまうのは脱毛施術後だけではありません。脱毛施術前の飲酒も一般的な脱毛サロンやクリニックでは禁止されています。飲酒をして体内にアルコールが入ると、アルコールを分解する為に肝臓が働きます。肝臓は体に入った毒素を分解する役割があるので、アルコールの分解を始めます。また同時に肝臓は肌を修復するための栄養素を生成する働きもありますが、上述のアルコールの分解を優先して行う為、一時的に肌が無防備な状態になってしまいます。さらに、アルコールの摂取は一時的な光線過敏状態になってしまったり、感染症を誘発しやすい状態にもなってしまうため、光やレーザー、ニードル脱毛等の主要な脱毛方法が利用できなくなってしまいます。


飲酒後の脱毛施術も危険2

このようにアルコールの摂取後の脱毛施術はかなりの危険を伴いますので、脱毛施術が受けられません。「飲酒後」がいつからいつまでのことを指すかというと、人それぞれではありますが、前日の夜に深酒をされた方は翌日の夜の施術でアルコールが完全に抜けていたとしても、内蔵機能の修復が完全に行われていない可能性を加味してお断りさせていただいております。ただし、実際の判断はお客様個別の判断となります。


まとめ

まとめ

上述の通り、脱毛施術前後の1日は飲酒ができません。しかし、脱毛施術の期間中ずっと禁酒しないといけないわけではありません。何故なら脱毛施術の頻度はそこまで多くないからです。ひげの場合は2週間〜1ヶ月のご来店、体脱毛の場合は1ヶ月半〜3ヶ月に1回の施術頻度です。毎日お酒を飲まれている方で、脱毛を検討されている方は脱毛施術の前後3〜4日を休肝日を作って、ご自分の健康維持をしながら脱毛施術も受けられるといった一石二鳥だと思って通っていただくことを推奨いたします。